順平のスピーキング

じゅんぺいの日記

将来株価が大幅に下がれば積み立て不足になる。

前者を選択する場合、わが国の市場では投資対象が限られており、為替リスクに対処した上で海外の当該市場に投資する必要がある。
後者を選択する場合、債券利回りの変動に対して為替変動リスクが過大であるが、ヘッジ比率を80~90%程度とし、残りをヘッジなしで運用すれば、リスクを抑えつつ、ある程度の利回りが期待 できる。
またマイナス金利政策を導入している国では国債利回りが低位に落ち込んでいるものの、ヘッジコストも大部分が内外金利差で決まるために低位であり、最終的なヘッジ付き利回りは米国債を上回るものもある。
例えばデンマークスウェーデンの外貨ベースの国債利回りは0.6%ほどだが、ヘッジ付き国債利回りは米国を上回る。
非米ドル建て債券への分散化を進めること自体が米国債のヘッジコストを下げるカギとなる可能性がある。
一方、こうした運用の努力によってDBの問題がすべて解決されるとは思われない。
すでに述べた対応のいずれもがリスクをより多くとることを避けられないとしても、過度にとると金融危機などで将来、積み立て不足に陥ることがあり得るからである。
運用努力のみに頼らず、年金財政の側面から対応を図ることも必要と思われる。
この見極めがリスク管理であり、必要ならば予定利率を実勢に合わせて下げて、無理な運用をしないことである。
その場合、決まった給付額を約束した確定給付型年金では母体企業が掛け金を追加拠出するので、反対する動きも生じるであろう。
ただしその陰にはリスクもあり、例えば、株式運用比率を必要以上に上げて予定利率を高めに放置しておけば平均的には掛け金を抑えることになるが、将来株価が大幅に下がれば積み立て不足になる。
そしてもう一つ「アデランスのシャンプー」で〆ます。
アデランスシャンプー
大して気にしているつもりはなかったのですが、彼の言葉をきっかけに薄毛のことが気になりだしてしまったのです。
仕事をしている時も、電車に乗っている時も、ついには家族と楽しい時間を過ごしている時にまで、どうしても頭のことが気になってしまうようになって……。
もう若くはないのだし、諦めるしかないのかな…、でもやっぱり諦めたくないな…、という気持ちで、薄毛についてのいろいろな対策や育毛剤などをネットで調べてみました。