順平のスピーキング

じゅんぺいの日記

記録を整えておけば他の親族間の争いを防ぐ効果もある

自分の親の判断能力が低下した場合、何をすべきか。
親族後見人の割合が低下する一方で、申し立てをするのは圧倒的に親族、特に子どもが多い。
認知症で親が預貯金の管理や解約 ができなくなり、必要に迫られるケースがあるからだ。
利用の申し立ては親の住所地を管轄する家裁に行う。
必要な書類は家裁でもらえる。
親の財産目録、毎月の収支報告書のほか、主治医の診断書などをそろえる。
家裁では書類審査や申立人らへの面接などが行われ、制度利用の可否を判断し、後見人を選任する。
申し立てから選任まで1~2カ月かかる。
申立人は自分を後見人の候補として推薦することもできるが、家裁は推薦にとらわれず様々な事情を考慮して選任する。
親と同居したり近くに住んだりして生活支援の実績があるなら、有力な候補者になり得ると制度に詳しい関係者の多くが指摘する。
成年後見人の仕事は主に生活支援と財産管理だ。
生活支援とは介護施設と契約し たり、治療や入院手続きなどを行うこと。
財産管理は預貯金、不動産などを含む財産を適正に管理することだ。
後見人に求められるのは本人のためになるよう行動すること。
相続財産が減るといった理由で親の財産からお金を出し惜しみするのは禁物だ。
また、親の財産はきっちり分けて管理する必要がある。
自分のために不正流用すると刑事責任を問われる場合がある。
後見人になると親の収支・財産・生活状況を定期的に家裁に書類で報告する。
直接的には家裁が後見人の行動をチェックするためだが、記録を整えておけば他の親族間の争いを防ぐ効果もある。
本日のお勧めサイトのご紹介です。
■口臭撃退!…爽快クリアで後悔しないための【お役立ち情報】
http://www.xn--cckza8nq69o8et.net/
原料には米胚芽と大豆発酵抽出物が主に使用されています。
この成分も高い整腸作用を有しており、善玉菌が活性化した元気な腸内環境を維持するのに役立つ成分となっています。
【ニオイの中和】
~緑茶~
緑茶には豊富なポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールといえば高い酸化還元作用を持つことでアンチエイジング効果に注目が集まりがちですが、高い消臭効果を持つことも古くから知られています。
以上、「爽快クリア」に関する情報でした。

医師会の慎重論に歩調をあわせる都道府県も多い

タクシーの運転手は、安全を確保するために走行距離や労働時間の規制があります。
よく、トラックの運転手が居眠り運転をして事故を起こしているニュースがありますが、そのようなことが起きないように、働く時間や走る距離を制限して、十分な休養をとることをタクシーには義務付けているのです。
働ける時間に制限があるということは、稼ぐためには限られた時間の中でたくさんの距離を走り、たくさんのお客さんを乗せなければならないということです。
タクシー運転手
あともう一つ情報を。
厚労省は指針で、地域内の診療報酬を設定できる場合の具体例をまとめる方針だ。
例えばある県で重症者を受 け入れる病床の数が他県に比べて過剰な場合、診療報酬の算定要件を厳しくするなどの例を想定している。
財務省は診療報酬の単価を直接下げる案を求める。
患者の需要に比べ過剰な病床数を持つ県ほど医療費の伸びが大きい傾向にある。
同省は入院にかかる医療費が高い県は入院にかかる基本料の診療報酬の単価を引き下げたり、需要より過剰に薬局や薬剤師が多い県は調剤技術料を下げたりしたい考えだ。
政府は都道府県主導の医療提供体制の整備を進めている。
18年4月からは国民健康保険の主体が市町村から都道府県にうつる。
都道府県は18年度から5カ年計画で医療費適正化計画をつくることになる。
県内の医療費の水準を踏まえて保険料を設定し、住民への説明責任を負う。
診療報 酬を都道府県単位で下げるようになれば、需給にあった医療サービスをつくる手段が増える。
関心をもつ県が出始めている。
奈良県は県民の保険料負担を抑制するためには検討が必要とし、医療費抑制に取り組む方針だ。
介護報酬の単価は既に地域によって違いがある。
政府の指針がでれば、検討する動きが広がる可能性がある。
ただ、地域別に診療報酬を設定するのは日本医師会が慎重な姿勢を崩さない。
いまは厚労、財務両省と与党、医師会などの関係団体で利害調整し、診療報酬の改定率を決めている。
都道府県ごとに調整の場が分散すると、医師会の力がそがれるとの懸念があるのではないかとの見方がある。
医師会の慎重論に歩調をあわせる都道府県も多いとみられる。

紙が嫌いでウェブ、というデザイナーはまず聞かない

バックナンバーはネットで公開しているが、来年1月下旬には合本を発売する。
紙で読みたいという声が多く、長期的な発刊を見据えて、収益のことも考えて出すことにした。
長野県奥信濃在住の小林徹也さん・直博さん兄弟が高齢 者の姿を撮った鶴と亀は、おばあちゃん子だった2人が地元をカッコよく発信したいと2013年から制作。
敬老の日の今年9月18日、集大成となる写真集を発売した。
複数の出版社から声をかけてもらったと直博さん。
タダのフリーペーパーから人気に火が付き、写真集には既に3000部を超える注文がきているという。
フリーペーパーの制作者は様々だが、編集ノウハウを持つデザイナーが手掛けるケースは多い。
利益度外視で始めても、他の仕事に結びつくことが少なくないと話すのは、東京・東小金井にあるフリーペーパー専門店ONLYFREEPAPERを運営する松江健介さんだ。
同店では120種類ほどのフリーペーパーをそろえていて、来店者はもちろん無料で持ち帰ることができる。
作り 手が何を伝えたいか、はっきり分かるものが人気と松江さん。
当初は書店を立ち上げるつもりだったが、既存店舗との差別化を考えて今の形にしたという。
経営は、商業施設でのフリーペーパーの置き方を手ほどきするコンサルティングなどで成り立っている。
情報もそうだし、若い人には、生きていく上でのオプションとなる部分にお金を出さない傾向がある。
そういう意味では、フリーペーパーは時代に合っているのではと松江さんは見る。
デジタルメディア全盛期ではあるが紙が嫌いでウェブ、というデザイナーはまず聞かないとも。
本日のお勧めサイトのご紹介です。
ネルソンズドッグフードで後悔しないための【お役立ち情報】
http://www.xn--qcktaiz3acw3e4j3c2e.net/
にもかかわらず、トウモロコシや小麦がドッグフードに含まれているのが多いのは、増量剤として犬に満腹感を与える目的で配合されているのが現実です。
消化できないので、消化器官に負担を与えるだけでなく、犬のアレルギー症状の原因になっている場合もしばしばあります。
特に小麦グルテンはアレルギー物質として作用し、犬のアトピー性皮膚炎や下痢症状などの原因物質として有害な作用を及ぼしていることもありえます。
以上、「ネルソンズドッグフード」に関する情報でした。

事業として育たなければ夢のままで終わる

三菱商事は新材料を通じCNTメーカ ーと需要家の連携を進めたいという。
高い導電性をいかせば、リチウムイオン電池などの性能を格段に高められる。
食べる素材である食材でも革新は起きる。
たとえばパンガシウスと呼ばれるナマズの養殖がそれだ。
ベトナムを中心としたアジア地域で生産が拡大。
水産大手のマルハニチロなど、販路開拓や生産に参画する日本企業も出てきた。
欧州などで好まれる白身魚はスケソウダラが主力だった。
しかし、資源保護のために漁獲管理が厳格になり、取引価格が高騰。
代替品としてパンガシウスが台頭した。
国内ではイオングループが資源危機に直面するウナギの代替品などとして売り出した。
水産研究・教育機構の宮原正典理事長はパンガシウスは養殖魚の市場を変えてしまう可能 性があるとみる。
理由は驚異的な生産性の高さだ。
体重を1キロ増やすのに必要な餌の量はクロマグロの10分の1ほど。
価格の高い魚粉を混ぜる比率も1割未満ですむ。
さらに、無駄なく食べさせる餌の技術開発などが生産効率を高めた。
人工ふ化させた稚魚を育て、再び産卵させて魚を増やしていく完全養殖も、餌に魚や魚粉を大量に使えば天然資源を脅かす。
天然資源を減らすことなく、増え続ける新興国の水産物需要を賄う。
パンガシウスはこの夢をかなえる方策のひとつになり得る。
素材の普及が進むほど革新の恩恵は産業界、消費者へと広がる。
ただ、それが事業として育たなければ夢のままで終わる。
企業間の連携をいかし、粘り強く技術を磨く。
夢を現実に変える育成は 日本の強みをいかせる分野だ。

介護費は医療費を超えるスピードで増加が続く見通し

利益率では病院は1.8%、15年度の2.1%から低下した。
診療所は6.2%と0.6ポイント悪化。
厚労省は病院の経営状況は総じて悪くなっ ているとし、診療報酬の本体部分でプラス改定を求める。
日本医師会も8日、限りなくプラス改定を求めると表明した。
財務省は8日、今回の調査結果そのものに疑問を呈した。
調査は利益率の高い医療法人の割合が実態より低いなどと主張、実際の施設の分布などに沿って補正すると、国公立を除いた病院の利益率は14年度の改定時に0.4%、16年度の前回改定時に0.6%となりむしろ改善しているとした。
18年度予算編成では、高齢化の影響などによる社会保障費の伸びである自然増分を1300億円圧縮することを決めている。
そのため厚労・財務両省は、薬価相当部分と本体部分をあわせた診療報酬全体ではマイナス改定とし、圧縮につなげる考えでは一致している。
課題として本体部分を上げるか下げ るか、その幅をどうするかが残る。
厚労省も本体部分の大幅な増額は困難だとしているが、年末の決着に向けて攻防が続くことになる。
18年度は介護報酬と合わせた6年に1度の診療報酬との同時改定を控える。
介護は要介護度など心身の状態改善に実績を上げている事業者への報酬を手厚くする一方、利益率が比較的高い訪問介護や、大規模な通所介護は報酬を下げてメリハリを付ける。
介護報酬の改定率についても厚労省が小幅なプラス改定を求める一方、財務省はマイナス改定を主張する。
介護は前回の改定で2%を超える大幅なマイナス改定をしており、2回連続でマイナス改定は厳しいという声が強い。
また介護費は医療費を超えるスピードで増加が続く見通しで、こちらも増減幅を巡る神経戦が続く。
それはさておき、「薬用プロフェッサーホワイトエッセンス」についての情報です。
薬用プロフェッサー
手触りが硬くなって全体的にトーンが暗くなってしまい、老廃物が排出されにくくなるので色素が沈着してしまいます。
このように乾燥している肌はシミができやすい状態になっているので、保湿成分を補ってうるおいを保つことは効果的な美白ケアになるのです。
美容成分で肌が十分うるおっていると、スカスカになっていた細胞間の隙間がなくなってきて水分が蒸発しにくくなり、角質を厚くする必要がなくなるので、柔らかな質感になってきます。

将来株価が大幅に下がれば積み立て不足になる。

前者を選択する場合、わが国の市場では投資対象が限られており、為替リスクに対処した上で海外の当該市場に投資する必要がある。
後者を選択する場合、債券利回りの変動に対して為替変動リスクが過大であるが、ヘッジ比率を80~90%程度とし、残りをヘッジなしで運用すれば、リスクを抑えつつ、ある程度の利回りが期待 できる。
またマイナス金利政策を導入している国では国債利回りが低位に落ち込んでいるものの、ヘッジコストも大部分が内外金利差で決まるために低位であり、最終的なヘッジ付き利回りは米国債を上回るものもある。
例えばデンマークスウェーデンの外貨ベースの国債利回りは0.6%ほどだが、ヘッジ付き国債利回りは米国を上回る。
非米ドル建て債券への分散化を進めること自体が米国債のヘッジコストを下げるカギとなる可能性がある。
一方、こうした運用の努力によってDBの問題がすべて解決されるとは思われない。
すでに述べた対応のいずれもがリスクをより多くとることを避けられないとしても、過度にとると金融危機などで将来、積み立て不足に陥ることがあり得るからである。
運用努力のみに頼らず、年金財政の側面から対応を図ることも必要と思われる。
この見極めがリスク管理であり、必要ならば予定利率を実勢に合わせて下げて、無理な運用をしないことである。
その場合、決まった給付額を約束した確定給付型年金では母体企業が掛け金を追加拠出するので、反対する動きも生じるであろう。
ただしその陰にはリスクもあり、例えば、株式運用比率を必要以上に上げて予定利率を高めに放置しておけば平均的には掛け金を抑えることになるが、将来株価が大幅に下がれば積み立て不足になる。
そしてもう一つ「アデランスのシャンプー」で〆ます。
アデランスシャンプー
大して気にしているつもりはなかったのですが、彼の言葉をきっかけに薄毛のことが気になりだしてしまったのです。
仕事をしている時も、電車に乗っている時も、ついには家族と楽しい時間を過ごしている時にまで、どうしても頭のことが気になってしまうようになって……。
もう若くはないのだし、諦めるしかないのかな…、でもやっぱり諦めたくないな…、という気持ちで、薄毛についてのいろいろな対策や育毛剤などをネットで調べてみました。

人工育種による第3の外来魚が拡散する恐れ

ヒメダカは国内の河川でどれだけ広がっているのか。
北川准教授は全国123地点の河川でメダカを捕獲して遺伝子を調べたところ、約4割に相当する48地点で、ヒメダカの遺伝子を持つものが見つかった。
野生種とヒメダカの交雑種もあり、長い年月をかけて作り上げられた遺伝的な多様性が少しずつ失われている。
北川准教授は童謡めだかの学校になぞらえてメダカの転校は駄目だと強調する。
すでに、全国各地の河川や湖でみられるコイは在来種が貴重な存在になってしまった。
国立環境研究所琵琶湖分室の馬渕浩司主任研究員は全国の湖などでコイを捕獲して遺伝子を調べたところ、中国などに由来する養殖用のヤマトゴイという品種が多く、国内在来のコイは少なかった。
在来コイは琵琶湖の深い場所に特に多く生息しているくらいだ。
馬渕主 任研究員は琵琶湖は在来コイの最後の砦だと強調し、絶滅の恐れを危惧する。
コイは国際自然保護連合生物多様性に影響を及ぼす外来種に指定され、世界的にも規制の強化が進む。
第3の外来魚への対策はないのか。
環境省外来種を規制する外来生物法で、14年から交雑種も新たに対象に加えた。
第3種の外来魚であるサンシャインバスも指定した。
今後、金魚やメダカ、コイなども規制される可能性はある。
それでも品種改良技術の進歩は早い。
同省の曽宮和夫外来生物対策室長はゲノム編集は人工育種によって外来種を作り出すことが可能で今後注目しなければいけないと指摘する。
ゲノム編集はこれまでの育種法に比べて新種を生み出しやすい。
体が普通より大きいマダイやマグ ロの開発が進む。
ゲノム編集が普及すれば、人工育種による第3の外来魚が拡散する恐れが高まる。
そう言えば、気になることです。
「赤ら顔の化粧水…おすすめ」に関する情報です。
化粧水で補うことにより、お肌の乾燥を改善します。
通常の化粧水であれば、この成分は表皮でブロックされてしまいお肌に浸透できません。
しかし『ULU』は特殊浸透水を使った独自の製法で作られているため、無理なくお肌の奥まで浸透します。
しかも嬉しいことに、この化粧水は完全無添加になっています。
敏感肌の人でも、心配せずに使用することができますね。
赤ら顔化粧水おすすめ

国民の豊かさや安全のためにどうあるべきかで政策がつくられてきた

三木は戦後、保守の二大勢力である自由党にも進歩党にも加わらず、国民協同党という小党をつくった。
掲げたのが中道政治の確立である。
社会党首班の片山哲内閣で与党の一角を占め、保革両勢力の緩衝材的な役割を担った。
保守合同を経て、1974年に政権に就くと、独占禁止法の強化など弱者保護に軸足を置いた。
三木が亡くなった前後から、自民党は競争重視の新自由 主義的な色彩を強め、いま三木的な要素はほとんど見当たらなくなった。
そうした動きにやや遅れて、冷戦の終結で存在意義を失った左翼陣営で新たな看板づくりが始まった。
社会党の改革派が盛んに唱えたのが、中道リベラルである。
今回の選挙でリベラル勢力の結集を訴えた立憲民主党赤松広隆氏はそのひとりだった。
自民党が右傾化したことで空白になった中道を取り込む。
この戦略は、赤松氏が参加した民主党民進党でも続けられたが、なかなか花開かなかった。
今回の衆院選で、立憲民主党は19.8%と自民党に次ぐ比例票を得た。
リベラルに軸足を置いて中道までを取り込んだ。
衆院選を無所属で戦った江田憲司氏はこう分析する。
枝野は男に見えると持ち上げた石原慎太郎氏 のような異なる立場からの声援もブームを後押しした。
自民党内でリベラルとされてきた派閥宏池会を率いる岸田文雄政調会長に立民リベラルとの違いを聞いてみた。
イデオロギーや主義主張に拘束されず、徹底した現実主義が宏池会の本質。
経済重視・軽武装も最初からそれありきではなく、国民の豊かさや安全のためにどうあるべきかで政策がつくられてきた。
で次は、「糖尿病の食事…宅配」に関するお知らせです。
糖尿病食事宅配
栄養士の指導を受ける事も可能ですが、実際に計算して調理しなければならないのは自分自身です。
体型や運動量によって、計算が違ってくるので大変さを感じる事でしょう。
特に献立を考えるのも一苦労です。
レシピ本も数多く販売されていますが、食材を無駄なく使えるように考えるだけでも、かなりの時間を要してしまいます。

売電価格を安く提示した発電所の案件

寧波市などにあるライセンの組み立て工場で生産するパネルは年間450万キロワット分。
基幹部品である太陽電池は内製し、日本の需要の6割に相当する量を1社で作り、コストを引き下げる。
日本への輸出では年間30万~50万キロワット相当のパネルを販売する目標を掲げる。
世界最大手のジンコソーラーや同2位トリナ・ソーラーなど、数年前から日本に進出する同業があるなか、長期保証やサポート体制で違いを出していくという。
安かろう悪かろうという中国製のイメージは過去のものになりつつある。
世界10位のロンジ・ソーラーも今春、日本で営業を始めた。
発電効率が従来より1割ほど高い単結晶と呼ぶ素材 を使う高機能パネルで急成長した。
9月に初来日した李文学社長は毎年の売上高の5%を研究開発費に充てている。
技術で日本勢に負けないと話した。
日本法人の体制は5人程度だが年度内に倍増させる。
2018年に日本で年間40万~50万キロワット分のパネル販売を目指す。
FITが始まった12年以降、日本で太陽光発電所が急増した。
買い取り価格は5年間で約半値に下げられ足元のパネル出荷量は前年割れが続く。
太陽光バブルと呼ばれた活況は見る影も無い。
さらに市場を厳しいものにするのが今月、出力2千キロワット以上のメガソーラーを対象に始まった入札制度だ。
1キロワット時21円という従来価格で買うのではなく、売電価格を安く提示した発電所の案件から政府が優先的にF ITの認定を与える。
事業者間の競争で売電価格を低減する狙いがある。
発電事業者が安い価格を示すには、発電所をつくるコストをより安く抑えざるを得ない。
そこに中国企業が入り込む余地が生まれる。